ホーム » 情報ステーション » 文具・事務機ニュース » 2015年文具ニュース » 三菱鉛筆「キッザニア甲子園」に「筆記具屋」パビリオンを出展

三菱鉛筆「キッザニア甲子園」に「筆記具屋」パビリオンを出展

2015年07月21日

三菱鉛筆と、こどもが主役の街「キッザニア甲子園」の企画・運営を行うKCJ GROUPは、「キッザニア甲子園」へのパビリオンの出展に関して合意し、オフィシャルサポーターとして「筆記具屋」パビリオンを10月初旬にオープンすることが決定しました。



「筆記具屋」パビリオンでは、来場したこども達がボールペンの本体(4種)とインクが入ったリフィル(16色)の中から、部品を自由に選んで組み合わせ、オリジナルの3色ボールペンを組み立てることができます。ボールペンの本体には名入れができるため、世界に一つしかない自分だけのオリジナルボールペンを作ることができます。

また、ボールペンの構造やインクの性質について実物や模型を見ながら学ぶことができ、書ける仕組みを理解することができます。

三菱鉛筆とキッザニアは、この『筆記具屋』での体験を通じて、筆記用具が日常生活に欠かせない重要な道具であることをこども達に伝えていきたいと考えています。 
※『筆記具屋』パビリオンは、こどもが「キッザニア」の独自通貨「キッゾ」を支払い、サービスを受けるパビリオンとなります。

三菱鉛筆は「キッザニア東京」に続いての出展となり、両施設で『筆記具屋』パビリオンを出展することになります。

プレスリリース 

バックナンバー一覧