ホーム » ニュース一覧 » 2016年 » 第103回エコール秋の大見本市 結果速報

第103回エコール秋の大見本市 結果速報

※来場会社数 1,696社 97.8% (101回比)
※来場店舗数 2,366店 98.1% (101回比)
※延べ来場者数 4,017人 103.0% (101回比)
第101回売上実績 (103回目標額) 第103回売上額 前年比 目標比
7,170百万円 7,250百万円 7,190百万円 100.3% 99.2%

 

結果概要

・売上は目標には届かなかったものの、前年比では100.3%となりました。

・来場者数は、前年比103.0%、目標比105.7%となりました。

・今回は、来場者の流れがスムーズになるように、会場レイアウトにいくつかの工夫を施しました。会場入口のクローク位置の変更や、第一展示場A~Dホールにおける導線の変更、さらに、商材の種類が近い出展社ブースを近い位置にまとめるよう配置変更いたしました。全体にお客様の移動がスムーズになり、「回りやすくなった」と総じて好評でした。

・恒例のイベント館では、文具著名人4名、メーカー社長4名による「ショートセミナー」を開催。2日間で合計14本開催し、延べ約450人が聴講されました。体験コーナーでは、ラッピング教室には134名、美文字教室には180名のご参加がありました。年々、勉強の場としてのニーズが高まっているものと思われます。また店舗提案コーナーでは、今回初の試みとなる「加工工房」を展開。販売店用加工サービスのデモ提案を行ない、来場者の関心を集めました。