ホーム » グループ会社一覧 » 株式会社 東京エコール

株式会社 東京エコール

会社概要

株式会社 東京エコール
大きな地図で見る

名 称 株式会社 東京エコール
所在地 <本社> 〒103-0003  東京都中央区日本橋横山町9番15号
<本部> 〒111-0053  東京都台東区浅草橋4-13-5
        TEL 03-3864-3471(大代表)  FAX 03-3864-3470
創 業 文久元年(1861年)
設 立 昭和39年6月12日
資本金 1億7720万円
代表取締役会長 長谷川 豊
代表取締役社長(CEO) 政木 藤二郎
代表取締役副社長(COO) 小野江 義雄
決算期 年1回 4月
年 商 272億円 (平成26年4月期)
従業員 384名
事業内容 OA機器、文具、事務用品、紙製品の総合卸およびシステム開発、OA機器の保守サービスを扱う専門商社
ホームページ http://www.tokyo-ecole.co.jp/
取引銀行 十六銀行東京支店、三井住友銀行浅草橋支店、商工中金上野支店、三菱東京UFJ銀行丸の内支店
福利厚生施設 ダイワロイヤルホテルズ(リゾートホテル・法人会員)
所在地:全国28ヶ所
箱根強羅山荘(東京文具健康保険組合)
所在地:神奈川県足柄郡箱根町強羅1300-218
湯之谷けんぽセンター(東京文具健康保険組合)
所在地:新潟県魚沼市湯之谷芋川912

子会社

名 称 株式会社 エコールオーエーシステム
所在地 東京都中央区日本橋横山町9番15号
設 立 平成元年5月1日
資本金 3,000万円
決算期 年1回 4月
事業内容 OA機器の保守サービス
ホームページ http://www.eoas.co.jp/index.html
従業員 15名
名 称 株式会社 エルク
所在地 東京都中央区日本橋横山町9番15号
設 立 平成12年5月1日
資本金 3,000万円
決算期 年1回 4月
事業内容 物流業務の受託
従業員 30名

社長メッセージ

山三事務機株式会社

当社は、関東・甲信越エリアを中心に活動する、文具・事務用品ならびにOA機器の専門商社として、1964年に設立されました。

2001年に関連会社4社が合併し現在の社名になりましたが、一貫して文具・事務用品、OA機器に携わり、企業活動を通じて社会・教育文化の発展に貢献をしてまいりました。

昨今のグローバル社会における卸機能を考えてみますと、ITをはじめとする情報処理の高度化や、世代間の価値観の違いや感性の多様化、そして安心して使える商品や環境負荷の少ない商品へのニーズなど、お取引先様を取り巻くさまざまな経営環境の変化に対応していかなければなりません。

当社では、このような市場環境と社会変化に対応するため、創業以来長年にわたり培ってきた専門知識・販売ノウハウ・連携力を活かし、新たなビジネスモデルの構築や情報システムの拡充、物流機能の高度化を進め、お取引先様のOA機器・文具事務用品ビジネスを強力にサポートしてまいりました。

今後も、ITを活用した次世代の卸機能を追い求めつつ、一方で、商いの原点であり、かけがえのない財産でもある「パートナーシップ」を大切にし、「真のホールセラー」として未来へのさらなる進化を続けることで、お取引先様のさらなる満足を追求してまいります。

これからも一層のご愛顧、お引き立てを賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長
政木 藤二郎

本社ならびに営業所所在地

東京エコール公式サイト該当ページをご参照ください。
http://www.tokyo-ecole.co.jp/outline_03.html

主な仕入先

OA機器 リコー、キヤノン、エプソン、NEC、富士通、アマノ、明光商会、日本アイ・エス・ケイ、ソニー、シャープ、パナソニック、東芝テック、IOデータ、バッファロー、エレコム、サンワサプライ
文具事務用品 キングジム、ぺんてる、ゼブラ、ニチバン、マックス、リヒト・ラブ、マルマン、シヤチハタ、三菱鉛筆、ヤマト、サクラクレパス、トンボ鉛筆、カール事務器、コクヨ、ナカバヤシ、住友スリーエム、エーワン、ヒサゴ、ダイゴー、セキセイ、日本ホールマーク、学研ステイフル、サンスター文具、ショウワノート、日本能率協会

主な取扱商品

OA機器 デジタル複写機・複合機、レーザープリンタ、スキャナ、ファクシミリ、ビジネス用パソコン・サーバー、印刷機、プロジェクター、スクリーン、タイムレコーダー、シュレッダー、液晶テレビ、耐火金庫、電話機
OAサプライ トナー、インク、コピー用紙、メモリー、LAN関連用品
ITサポート ネットワークの構築、業務用ソフトの導入、インターネットの設定、複写機・レーザープリンタ・ファクシミリのメンテナンス
店舗用品 POSシステム、レジスター、ラベラー、包装資材、POPカード
文具事務用品 ファイル、フォルダー、筆記具、ホッチキス、セロハンテープ、パンチ、印鑑、接着剤、カッター、電卓、テープライター
紙製品・学習用品 ノート、手帳、便箋、封筒、伝票、学習帳、折り紙、画材、書道用品、のし袋、のし紙、賞状用紙、額縁
ファンシー文具 ギフトカード、キャラクター文具、バラエティグッズ
ギフト用品 高級筆記具、机上用品、カタログギフト
季節用品 ダイアリー、カレンダー、年賀はがき、X'masカード

会社の沿革

昭和39年 山三商事株式会社より東京都内を中心とした営業を分離・独立し、山三事務機株式会社設立
(本社東京都中央区資本金4,800万円)
文紙事業部・事務機事業部の2事業部制を導入 
昭和42年 山三商事株式会社より関東・甲信越・東北の営業を分離・独立し、株式会社山三エコール設立
(本社東京都中央区資本金3,600万円)
昭和44年 事務機事業部にリコー推進部を設置、東京都内のリコー商品の取扱を分離
昭和46年 千葉県の営業を分離・独立し、株式会社千葉エコール設立
昭和49年 資本金を1億円に増資
昭和57年 文紙事業部に特品センターを設置、特殊商品を集約
エコール総合流通センターとして改組 
平成元年  事務機事業部の技術サービス部門を分離・独立し、株式会社エコールオーエーシステム設立
平成4年 東京文紙流通センター増床、専有床面積3,892.69m2となる
平成5年 アイワ通商株式会社に資本参加、社名を株式会社エコールアイワに変更、神奈川県の営業を移管
平成11年 群馬県藤岡市に北関東流通センター完成
(敷地面積8,827.00m2、建物3,968.73m2)
平成12年 株式会社エルクを設立し、総合流通センターの物流管理業務を委託
平成13年 山三事務機株式会社、株式会社山三エコール、株式会社千葉エコール、株式会社エコールアイワの4社が合併し、株式会社東京エコールが発足。首都圏の事業を一本化
平成14年 東京文紙流通センター増床、専有床面積7,464.50m2となる
平成17年 東京都台東区に東京本部を設置、都内の管理部門・営業部門を集結。
平成24年 書店に対する営業強化のため、株式会社トーハンとの合併により株式会社ETS設立
平成24年 長野県長野市に長野流通センター開設
(敷地面積2,214m2、建物床面積946.43m2) 
平成26年 大阪府東大阪市に新東光通商株式会社を設立し、東光通商株式会社より事業譲渡を受ける
平成27年 株式会社宇都宮山三より営業部門の事業譲渡を受ける