ホーム » 企業情報 » 事業内容 » 見本市の運営

見本市の運営

業界最大の見本市を年2回開催

当社ではグループの共同企画として、1月と9月の年2回、大見本市を開催しています。当見本市は、昭和39年11月8日に山三事務機株式会社主催として開催されたものが第一回となります。さらに翌年、昭和40年に第2回を開催し、定期化され、昭和42年からは年2回開催となって現在に至っています。 近年においては、販売店約2800社・メーカー約140社にご参加をいただき、業界随一の規模で開催しております。最新の商品情報収集や具体的な商談の場として、皆様にご愛顧いただいています。今後もより一層のサービス向上に努め、すべての皆さまにご満足いただける見本市を追求していきたいと考えております。

 

エコール見本市の歴史

黎明期

昭和39年、文具・事務機業界初のボランタリーチェーンである「エコール事務機チェーン」誕生を受け、同年6月、同チェーンの本部機能を有する新会社「山三事務機株式会社」が設立されました。そして、その年の11月、山三事務機創業記念として、日本橋浜町の紙商会館において、第一回の見本市が開催となりました。第一回見本市は、出店社43社、来場者350人、売上27百万円という結果となりました。
翌40年は、秋葉原YKKビルに会場を変え、山三事務機を含む山三連合主催で第二回見本市を開催し、41年には、仙台山三設立を受けて福島県飯坂温泉にて第三回を開催。42年以降は、現在と同じく初春と秋の年二回開催となりました。

 
↑昭和39年に紙商会館で行われた第一回見本市(左)と来場客でにぎわう昭和41年の第4回見本市(右)

石油ショック

昭和48年1月・9月には、ライバル卸であった利見商事株式会社との合同見本市が行われました。いずれも過去最高の99社が出店し、来場者、売上は、1月が2910人、13億4百万円、9月が2585人、16億49百万円と過去最高を記録しました。
しかし、同年10月からの第4次中東戦争を受けて石油ショックが発生し、国内ではインフレが加速、昭和49年初春の見本市は、初めて開催を中止することとなりました。ただし、2月以降には景況感も好転し、同年9月の秋の見本市から再開されています。

第50回・80回見本市

平成2年の春の見本市は、第一回開催から数えて50回目の節目として、浜松町・産業貿易センターで大々的に行われました。開催前日には、東京湾クルーズ船・ヴァンテアン号での船上パーティーが催されました。
平成17年初春には、第80回を記念して特別イベントを展開。80回までの見本市の歴史を展示するほか、「手作り工房」などを展示、出展社143社、来場者4213人、売上54億30百万円となりました。

 
↑前日にパーティが行われたヴァンテアン号(左)と開会式であいさつをする岩田羊二見本市統括委員長(右)

 
↑大盛況となった第80回見本市。イベント館では、「手作り工房」が好評を博した(右)

第100回見本市と「感謝の集い」

平成27年1月16・17日の両日には、記念すべき第100回の見本市を浜松町・産業貿易センターで開催しました。また、初日の16日夕刻には、見本市100回記念「感謝の集い」を東京都港区のザ・プリンスパークタワー東京にて開催。販売店、出展社など計750人が出席しました。

 
↑和太鼓演奏、日本舞踊、イリュージョンマジック等のショーが行なわれる中、盛大に執り行われました。

会場を東京流通センターへ移転

平成27年9月の秋の見本市から、会場をこれまでの産業貿易会館から平和島の東京流通センターに移転しました。会場面積が約1.5倍となり、ブース数も増大。イベント館も広くなり、さらに充実した見本市として開催するようになりました。